×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


現代語訳学問のすゝめ

日本近代におけるマニュフェストともいえるもので、明治の精神形成の一方の旗幟をなした古典的名著。
文語体としては画期的に平易な文章で書かれていたが、本書では全17篇を読みやすい現代語に全訳した数少ないもの。
伝説は読むだけでも楽しいし、その伝説がどうして発生し、どのような経路をたどって分布するようになったかを訪ねるのは、さらに興味深い。
柳田国男に師事し、伝説・伝承研究に実績のある著者が選んだ、特に楽しめる70余篇を収録。
魔王城を追われたスラムキングは、バイオレンスジャックに最後の一騎打ちを挑む!謎に包まれたジャック、キングの正体が明らかに!?現代の一大戦国絵巻「バイオレンスジャック」ついに堂々の完結!!…この連作劇画は…現代の冒険者たち…の物語である。
冒険とは、危険をおかして行なうことであり、時にはヒューマンであり、また犯罪的なこともある。
そして、冒険という言葉の意味に成功という結果は含まれていない…TV局の敏腕ディレクター、唐沢は久しぶりの長編ドラマの撮影で張り切っていた。
ところが、その裏では局の上層部とスポンサーの間で、視聴率をめぐる闇取引きが行なわれていた!続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60005859