×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



味なおふたり(6)

江戸前ずしの職人として修行に励む花巻平太は叔父をたよって秋田から上京してきた。
頑固だが心優しい叔父と明るくさわやかな娘・時子、それにひょうきんだが頼もしい弟弟子智明に囲まれての厳しい修行の道は続く!!「タネを仕込む職人とそれを食べる客とのあうんの呼吸!これだ!!これが板前冥利ってもんだ!!」秋田から上京して江戸前ずしの職人として修行に励む花巻平太のこの言葉に成長のあとがうかがえて頼もしい!ネタよし、シャリよし、腕もよし、そんな寿司職人をめざして秋田から上京して、叔父の店『美家古寿司』に住み込み、本格的に江戸前寿司の修行に励む花巻平太は底抜けにあかるい好青年である。
江戸前寿司の職人をめざして秋田から上京してきた花巻平太は叔父の経営する美家古寿司に住み込み、ねばりと根性とひたむきな努力とで日々修行にあけくれているが、その天性の明るさで誰からも好かれる好青年である。
花巻平太は粋な江戸前ずしの職人をめざして秋田から上京して美家古寿司に住み込み、叔父さんだが頑固一徹の親方、明るくさわやかな娘・時子、ひょうきんだが頼りになる弟弟子・智明にかこまれ、修行に励んでいる!!続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60000965